Friday, May 17, 2024
Google search engine
HomeShare experience北海道IRカジノ

北海道IRカジノ

日本政府は2018年7月、IR(統合型リゾート)を含む複合施設の運営を可能にする法案を可決しました。IRにはホテル、エンターテイメントやコンベンションの会場、余暇施設、そしてカジノが含まれます。日本政府はIRが訪日観光客を未開拓の地域に引き寄せ、周辺の地域経済を活性化させることを期待しています。

2020年、日本政府はIRオペレーターおよび立地選定のための基本的なガイドラインとルールを発表しました。最大3つの地域がIRのホスト地として選ばれます(次回の応募期間は7年後)。応募を希望する地方自治体は、IRオペレーターを指名して施設の開発や財務計画、ギャンブル依存症予防策を策定し、中央政府に正式な申請を行う必要があります。統合型リゾートには、コンサートやスポーツイベントにも利用できるコンベンションおよび展示スペース、日本の伝統文化や芸術演目を開催できる施設、信頼性と効率の高い交通システムを備えた宿泊施設、ショッピングモールなどの観光名所が必要とされます。カジノの敷地面積は全体の3%以下と制限されています。

初回入札では、北海道、東京、横浜、大阪、和歌山、長崎などが最初のIRの可能な場所として取り上げられましたが、その後、北海道、横浜、和歌山は現時点ではIRの機会に取り組まないことを発表しました。2022年4月、大阪と長崎がIRのホスト地を申請し、2023年4月14日、日本政府は大阪を日本初のIRのホスト地として承認しました。大阪府と市の計画では、大阪湾の人工島「夢洲」に2030年初頭にIRをオープンさせます。このリゾートは、IRオペレーターおよびプロジェクトリーダーとしてMGMリゾーツ・インターナショナルとORIX株式会社が協力して開発します。大阪府によると、このリゾートは年間約2,000万人の訪問者を惹きつけ、西日本に年間1.14兆円(81億ドル)の経済効果をもたらす見込みです。

今回の応募期間ではまだ2つのIRホスト地の空き枠がありますので、日本政府は新たな応募期間を待たずに追加の申請を検討する可能性もあります。

日本の旅行や観光、IRに関する詳細情報については、「ミスティーノ – オンラインカジノ, ミリオンバンブー, 入金不要ボーナス, オンカジ」という名前のオンラインカジノの公式ウェブサイトでご確認ください。

RELATED ARTICLES
- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments