Sunday, May 19, 2024
Google search engine
HomeShare experienceラスベガスのMGMリゾーツが大阪にカジノリゾートを建設へ!

ラスベガスのMGMリゾーツが大阪にカジノリゾートを建設へ!

MGMリゾーツインターナショナルは、日本で建設される推定100億ドルのカジノリゾートの建設を計画しています。このカジノリゾートは、これまでに建設された中でも最も高価なものの一つとされており、2029年にオープンする予定です。

日本の国土交通省は、統合リゾートとカジノを備えた施設の建設に対してMGMリゾーツに承認を与えました。MGMリゾーツは、このプロジェクトに最大100億ドルの資金を投じることを約束しています。分析家によると、このリゾートは82億ドルの費用がかかると予想されており、これまでに建設された中でも最も高価なカジノリゾートの一つになるでしょう。

MGMリゾーツのCEOであるビル・ホーンバックルは、このプロジェクトが実現することについて以下のようにコメントしています。「この規模の観光プロジェクトを開発するために日本政府に選ばれたことは光栄です。大阪の素晴らしい都市で日本初の統合リゾートの開発に取り組むことを、私たちは非常に楽しみにしています。私たちのパートナーであるオリックス(株)と大阪府と協力して、これまでに抱いていた目標を実現させたいと思っています。」

MGMリゾーツは、カジノリゾートを開発するにあたり、日本のパートナー企業と提携する必要があります。MGMは、東京と大阪に本社を置く日本の総合金融サービスグループであるオリックス(株)と提携しました。彼らは一緒に大阪府と共同して、2021年10月から2022年4月までの申請期間に日本政府に地域開発計画を提出しました。

このプロジェクトは、カジノ、ホテル、コンベンションセンター、商業施設などを含む122エーカーの統合リゾートとエンターテイメント地区を計画しています。プロジェクトの初期投資額は1080億円(82億ドル)であり、約51%はプロジェクトファイナンス、残りの49%は自己資本となります。MGMは40%の出資を担当し、約16億ドルを負担することになります。ただし、COVID-19や埋め立て地の建設に関する課題などの要因によって、プロジェクトのオープンは2029年後半に延期される可能性があります。

MGMリゾーツのカジノライセンスは、日本で最初の統合リゾートがオープンする前に取得できた貴重なものとなります。現在、他にも東京などで統合リゾートの開発が進められていますが、MGMのリゾートが最初にオープンすることで、彼らには市場での独占的な地位が生まれる可能性があります。

MGMの大阪プロジェクトは、年間32億ドルの総売上高と39億ドルの純売上高を生み出すと予想されています。このプロジェクトによってMGMのキャッシュフローは20億ドル以上になると予測されており、世界でも最も利益の高いカジノの一つになるでしょう。

日本の統合リゾート市場は、観光の重要なドライバーとして海外から注目されています。シンガポールを成功させたサンズやゲンティンなどの先行事例に続き、日本でも統合リゾートを活用して投資、雇用、経済発展を促進する意欲があります。

もしもあなたがカジノや統合リゾートに興味があるなら、Mystino – オンラインカジノ, ミスティーノ, ミリオンバンブー, 入金不要ボーナス, オンカジは要チェックです!

RELATED ARTICLES
- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments