Sunday, May 19, 2024
Google search engine
HomeShare experience日本のカジノニュース

日本のカジノニュース

日本では2018年7月に最大3つの統合型リゾート(IR)カジノの商業運営が合法化されました。そして、その最初のプロジェクトの建設が正式に開始されました。

IRプロジェクトがついにスタート

MGMリゾーツインターナショナルは、日本の金融サービス複合企業であるオリックスとの合弁企業を通じて、大阪市と大阪府との間でIRの開発契約を締結しました。MGMとオリックスは大阪IRコーポレーションで42.5%の持ち分を共有し、残りの15%はパナソニック、関西電力、西日本旅客鉄道を含む小規模投資家が保有しています。

まずはじめに、このプロジェクトを支えるために、鉄骨が敷かれる前に、230フィートの高さまで地中に達するために、徐々に地盤が固められています。工事準備の費用は1億7300万ドルに予想されています。大阪IRコーポレーションが地盤整備の費用を負担していますが、大阪市政府はリゾートの完成後に会社に補償すると約束しています。

MGM Osaka Japan IR casino
大阪湾の夢洲島の航空写真。MGMリゾーツが数十億ドルのIRカジノのためのサイト作業を開始しています。工事は数年かかり、MGMの関係者は2030年のオープンを目指しています。 (画像提供: 大阪市)

何年もの遅延

日本は2018年7月にカジノ法を可決した当時、世界中のほとんどの大手カジノオペレーターの注目を集めました。日本は当時、中国のマカオ以来の最大の市場開放と見なされていました。

しかし、COVID-19パンデミックは日本の国会におけるカジノ規制や入札手続きの最終化をさらに遅らせました。サンズとその創設者兼CEOであるシェルドン・アデルソンは、2020年5月についに日本からの撤退を発表し、世界のゲーミング業界を驚かせました。

当時、サンズはゲーム収益を基準に世界最大のカジノオペレーターであり、日本での3つのライセンスのうちの1つを獲得する有力候補と考えられていました。アデルソンは、当時の日本の枠組みについて「我々の目標は達成不可能だった」と述べました。

サンズに続き、他の多くの企業も日本での進出を断念しましたが、MGMは大阪へのコミットメントを固く守り続けました。

MGM大阪

MGMの大阪IRは、3つの異なるブランドからのホテル3軒をオープンし、約2,500室の客室を提供します。複合施設には、大阪と日本の魅力を最大限に発揮する約73万平方フィートのコンベンションスペースやアトラクションがあります。

MGM大阪のゲームフロアは、2018年のゲーミング法によって定められたIRの室内総面積の3%に制限されています。大阪IRコーポレーションは、2030年のオープンを目指しています。

日本には他にも1つのIR計画があります。それはカジノズ・オーストリアの長崎でのIRで、同社は佐世保のハウステンボステーマパークに約30億ドルを投資してカジノリゾートを建設したいと考えています。

RELATED ARTICLES
- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments